googleの検索方式

投稿者: | 2019年3月7日

ニホンでひときわ応用されている検索エンジンは“Yahoo! Japan”ですが、検索システムが最も優れているのは“google”だと言われています。
ワールド的にみるとgoogleはスゴイシェアを誇っていますよ。
googleでは、現に検索してみましょう。
googleのTOPページを変わり、引っかかる情報のキーワードを入力して“google検索”をクリックするか、Enterキーを押します。
キーワードが数多くある方が、再び的確に絞り込むことが出来ますよ。
語句の間に“&”“アンド”等と加える必要は有りません。
単語と単語の間にスペースを入れて入力しましょう。
英語で入力するケースでは、大言葉と小言葉は区別する必要は有りませんよ。
どちらで入力しても収穫はおんなじそれで気にせずに入力しましょう。
検索収穫は、検索された回数が沢山順番に映されます。
単語の入力順番によって検索収穫にちがいが出るので、プライオリティーの大きい単語から並べましょう。
数多くのキーワードを並べて順序通りに全て一致する収穫を得たい時は、“フレーズ検索”を使います。
人やものの名前や、歌詞等を検索するケースではに楽ですよ。
検索しよ語句の頃に“ダブルクォーテーションマーク(”)をつけて検索ください。
他にも、検索収穫ページを表示せずに、検索収穫の最上の方に出るサイトを直接表示するシステムも有ります。
検索語句を入力してから“google検索”ではなく“I’m Feeling Lucky”をクリックください。
googleは検索収穫を0.5秒以内に戻すと言われていますが、最上の方にくると言えるサイトを表示しよケースでははこのシステムを使えばもう一度あっという間でサイトを表示することが出来ますね。

“ディレクトリ型”と“全文検索型”

インターネットがあれば、検索エンジンを応用して引っかかる情報を手がるに見極めることが出来ますね。
検索エンジンは、ウェブサイトに公開されているいっぱいの情報を集めてテータベースを作っています。
このデータベースの創り方のちがいで、“ディレクトリ型”と“全文検索型”の2種別の検索エンジンに分けることが出来ます。
“ディレクトリ型”は人の手作業でページを分類し、データベースに登録する方式です。
“全文検索型”は、検索ロボットが応用されているので“ロボット型”とも呼ばれています。
ワールド中の全てのHPの内容をデータベースに保全して、検索ロボットがデータベースから収穫をはじきだしています。
検索ロボットは、常にインターネット上のHPのリンクをたどっていて、データベースに登録されていないものや、更新されたものを発見して回収しています。
ディレクトリ型と比較検討した場合、全文検索型の方が情報量も手広く、新鮮な情報も沢山と当てはまるのですが、検索ロボットによってはPDFファイルやテキストファイル、文書ファイルも回収してしまうので、機密文書が公開されて仕舞う、等の事故も生じています。
代表的な全文検索型の検索エンジンには、“google”や“goo”等が有りますよ。
Yahoo! Japanやinfoseek、msn等のディレクトリ型検索エンジンでは、ディレクトリ型とロボット型を併用しています。
ディレクトリ型で相当するページが検索できなかったケースでは、自動的にgoogleの検索収穫が映されていますよ。
googleはロボット型検索エンジンとしてスゴイシェアを所持している検索サイトですのです。

googleの検索システム

検索システムまずはワールドで一際優れていると呼ばれる“google”。
調べたい語句を入力することによって容易に検索を行なうことが出来ますが、googleの検索システムにはいろいろなものが有ります。
使いこなせば一段と効率的に的確な情報を獲得することが出来ますよ。
・OR検索
2つのキーワードのどちらかが含有されているサイトを検索したいケースではに使います。
“○○OR××”というように、語句と語句の間にORを入れます。
ORの代わりに“|”を入れても良いですよ。
・NOT検索
検索収穫から除外したい語句は、語句の前に“-”を入れて除外します。
ブログの情報を除外したいケースではは、“-トラックバック”と閉じ込めると燃やすことが出来ますよ。
“-”の前は、スペースを押し込めるようにしましょう。
・ドメイン内検索
特定のドメイン名のなかでのみ、検索することが出来ます。
“site:”を入力し、続けてドメイン名を入力してみましょう。
“site:ドメイン名 ○○”と入力することによって、指定したドメイン名のサイトの中から○○を検索することが出来ます。
・ファイルスタイル内検索
ファイルスタイルを選別して検索することが出来ます。
ドメイン内検索と同じように、“filetype:”と入力し、続けてファイルスタイルを入力しましょう。
引っかかる事柄がのほほんとしていて、適切なキーワードが感覚取れ、というケースではも有りますよね。
そういった時は、初めから的確なキーワードを入力決めるというのはせず、それでは調べたい事柄から閃くキーワードを入力しましょう。
検索収穫からもう一度効力的だとおもわれるキーワードを拾い、くり返し検索した場合、求めていた検索収穫にたどり着くはずです。

キャッシュシステム

検索サイト“google”には楽な検索システムがいっぱい有りますが、他の検索サイトには乏しい検索システムに“キャッシュ”が有ります。
“キャッシュ”といっても“現金”のゆえんではなく、“cache”、貯蔵所のゆえんが有ります。
googleのキャッシュシステムは1997年に導入されました。
閲覧したサイト、ほぼ全てのサイトを以て保全するシステムです。
応用者は数分前に閲覧したものから数ヶ月前のものまで、自由にアクセスすることが出来ますよ。
より一層あのサイトを閲覧したいのだけど、既に削除されていた、なんてこというのはよくあることですよね。
キャッシュシステムを応用することによって、一時的にアクセス不能になっているサイトや、削除されてしまったサイトも閲覧することが出来ますよ。
閲覧してから内容が更新されているサイトは、初めに閲覧したときの有り様を見分けることが出来ます。
このキャッシュシステム、応用者にとってはさんざっぱら楽なシステムだと言えますよね。
ですがキャッシュシステムを使えば、0円提供ではなくなったサイトも自由に閲覧することができてしまい、ウェブサイト運営者からは問題視する意見も有ります。
又、ニュースサイトが保全されているケースでは、古い情報がHPに残っていることになり、法的問題も発生しかねないのではないか、という意見もあるのです。
google側は、保全は一時で、無効となっているリンクは順次抹消しているとしてあり、またサイト運営者はキャッシュシステムを無効にすることが可能であることから、問題視するこというのはないとしています。
googleはあるくらい革新的なサービスに力を入れていますが、日々数百全ての人の使用者のあるgoogleだからこそ、革新的なサービスには忠告すべき点もあるということですね。

イースターエッグ

“イースターエッグ”を知っていますか?
元来のゆえんは“復活祭の卵”です。
キリスト教の復活祭(イースター)のシンボルで、復活祭ではカラフルな色が塗られた卵を部屋のなかに隠し、子供達が探るプレイが有ります。
同じように、ソフトウェアにも仕掛けが隠されていることがあり、それを応用者が探し当てて楽しむことから、こちらも“イースターエッグ”と呼ばれています。
初めは特殊なハンドリングでプログラマーの名前が出てくるようなものでした。
初期のころのエクセルでは、ある語句を入力した場合丘に建てられた碑にプログラマーの名前が書かれていみたいです。
少し前のエクセルでは、フライトシュミレーションやカーレース、ワードではピンボールを楽しむことができました。
ワールドでとりわけ応用されている検索エンジンgoogleも、イースターエッグは存在しています。
googleの検索画面を解き放ち、“google easter egg”と入力し、“I’m Feeling Lucky”をクリックしてみましょう。
バケツを有するウサギが出てきます。
上から“Google”のアルファベットがバラバラに落ちてくるので、マウスでウサギを移行させて“G”“o”“o”“g”“l”“e”の順番にアルファベットをキャッチしましょう。
言葉がそろうと次のステージにすすむことが出来ますよ。
シンプルなプレイですが、知っていると言わば嬉しいですよね。
この他にも、検索画面に“生涯、宇宙、全部の答え”と入力した場合ジョークメッセージが映されたり、画面表示を変えたりして遊ぶことも出来ますよ。
グーグルの画面といえばプレーンホワイトの手厚い想像ですよね。
検索画面に“google gothic”と入力し、“I’m Feeling Lucky”をクリックしてみましょう。
グーグル画面がシックな大人の雰囲気に変わりますよ。
願わくは初めてお試しえっ。