“google”というのは?

投稿者: | 2019年2月22日

何かに対して引っかかる時、昔は本を買ったり本館に行ったりと、自分自身で足を運んで調べる必要がありました。
ですが近年ではインターネットを使用して容易にかんがえることが出来ますね。
パーソナル・コンピューターや携帯電話を使用して引っかかる事柄を入力するだけで、手がるにいっぱいの情報を獲得することが出来ます。
この情報を0円で提供しているWEBサイトは“検索エンジン”と呼ばれています。
ニホンでよく知られている検索エンジンには“Yahoo! JAパーキングスポットN”、“goo”、そして“google(グーグル)”が有りますね。
“google(グーグル)”は、U.S.A.のソフトウェア会社です。
1998年、スタンフォード大学の学生であった“Larry Page(ラリーページ)氏”と“Sergey Brin(サーゲイブリン)氏”によって設立されました。
もともというのはスタンフォード大学の研究プロジェクトとして立ち上げられたもので“BackRub”という名の検索エンジンでした。
1997年に“google”という名が押し付けられました。
ラリー氏とサーゲイ氏は大学からちょっぴり離れた立地に存在する車庫で検索エンジンの開発をしたみたいです。
検索エンジンとしては割り方目新しい会社ですが、2000年にはワールドで最も大きな検索エンジンとして、一層2002年にはワールドでひときわ評判のある会社として、ワールド各国への対応も積極的に進められています。
2000年9月にはニホン語版のサービスも始められました。
ニホンではYahoo! JAパーキングスポットNの次によく応用されている検索エンジンです。

googleの語源

ワールド中で大きく応用されている検索エンジン“google”。
1998年、スタンフォード大学の学生“Larry Page”と“Sergey Brin”によって設立された会社ですが、google(グーグル)という名前にはどういう由来があるのでしょう。
googleの語源、それはすこぶるスペルミスをした事だったのです。
膨大な情報量を持つことから、10の100乗をゆえんする“googol(グーゴル)”をドメイン名として登録するつもりでした。
ですが綴りを間違えて“google”と入力したことから、この名が会社名として垂らしられたのです。
近年では検索する、ということを、googleの名前から“ググル”なんて取り扱うこともあるみたいですが、スペルミスがなければ“グゴル”となっていたかも知れませんね。
googleとならび、ニホンでよく応用されている検索エンジン“Yahoo!(ヤフー) JAパーキングスポットN”。
因みに語源は何。
はじめてYahoo! JAパーキングスポットNを目にする人は、“ヤホー”と読んで仕舞う人も沢山ですよね。
確かに“ヤッホー”というかけ声とYahoo!とかけているという説も有ります。
ですが事実には、“Yet Another Hierarchical Officious Oracle”の略語だと言われていますよ。
googleものの名前をもつ“goo(グー)”では、global networkが無限大に拡大する、に関連してから名前が付いたみたいですよ。
洗いざらい馴染み深い名前となった検索エンジンですが、語源を覚えておくと、グングン身近に見えることができみたいですよね。

googleのロゴ

googleのTOPページはホワイトを基調としてシンプルなものですよね。
“google”のロゴが綺麗に映えていますが、ロゴをよくおもい出してください。
4色でできています。
レゴブロックをおもい起こしませんか?
googleの創業者である“ラリーペイジ”と“サーゲイ・ブリン”は、googleのロゴを私でデザインしようとかんがえていました。
ですが結局デザイナーに依頼することにしたのです。
初めに考案されたデザインは黒色で書かれたシンプルなデザインでした。
そしたらイロイロなデザインが生まれ、近年のロゴデザインとなっています。
がんらいラリー氏とサーゲイ氏がレゴブロックスキであったことから、レゴに使われている3原色を使用することに決めたのです。
ですが、“L”はレゴ3原色というのは異なります。
そこには、“定めに従わない”というgoogleの自由な発想を示すゆえんが秘められているのです。
近年だとしてもgoogleとレゴは奥深い関係でつながっています。
大卒者の採用考試では、レゴ演習がおこなわれていて、入社希望者の創造力を判断する材料となっているみたいですよ。
又、ラリー氏とサーゲイ氏の影響からか、google社員にはレゴファンが沢山いるみたいです。
シンプルで使い易い、創造力でイロイロなものを組み立てることが出来る、というレゴブロックは、googleの信念と生きるものがあるのですね。
googleニューヨーク社には、プレイ道具屋さんに匹敵するほどの沢山のレゴ作品が飾ってあるみたいですよ。
業務を終えたレゴスキな社員が、夜の間にイロイロなレゴ作品を作って、毎朝出勤する人達の目を楽しませているみたいです。
兎にも角にも見学してみたいものですね。