iPhoneの水没と修理

投稿者: | 2019年2月26日


iPhoneを水没させてしまう人は少なくありません。

スマホが非常に身近な道具になりましたから、水があるところでも使っているからです。

しかし、iPhoneの性能が高くなったため、短時間の水没なら修理をする必要もないでしょう。

そのため、ユーザーは安心してみずの近くで使い続けるのです。

性能が高くなった分だけ修理の件数が増加していると考えられます

メーカーにとってはそれが新たな収入源となるのですから、悪いことではありませんが、ユーザーにとってはどうなのでしょうか。

このようなことを深く考えてiPhoneを使っている人はほとんどいません。

特に若い高校生などは壊れた時の修理費用など頭にないはずです

物を大切にしないと言うことではなく、いろいろな扱い方をしても壊れない装置なのだと言うことです。

すでに体の一部になっているのかもしれません。

しかし、落として打ち所が悪ければ、高額な修理費用を払わなければなりません。

それがもったいないため修理をしないと言う人はいません。

iPhoneがなければ生活ができないと考えてしまうのでしょう。

もちろん、電話がなくても生活はできるはずですが、iPhoneは生活の一部であり、時計を持たずに生活するような気分なのです。

水没する危険性を考慮して使用することが一番簡単な解決策です。

修理費用が高くても壊さなければいいからです。

これまでの使い方を振り返ってみて、危ない状況があったと思うならこれからはもっと大切に取り扱いましょう。

メールを読んだり、LINEをしたりするだけでは壊れません。

iPhoneの機種と修理内容


iPhoneを使っていない人にはどれも同じように見えるかもしれませんが
、実際にはいくつものバージョンがあります。

もちろん、iPhoneの新しいバージョンが登場すれば古い機種は製造中止となります。

ただ修理は受け付けられますし、その費用もあまり変わりません。

新しい機種ほど、衝撃や水没に対して耐久性が高くなっていますから、修理が必要になる状況も減少することでしょう。

古い機種を使っているなら、修理をせずに新しい機種への交換を検討してみてはどうでしょうか。

もちろん、今の機種を何年間使用してきたかによって必要な代金は変わりますが、修理費用の方が高くなってしまうケースも少なくありません。

メーカーであるアップルとしても、どんどん最新機種に入れ替えてほしいと思っているはずです。

古い機種を使っている人が減らない限り、サポートを打ち切ることができないからです。

iPhoneやandroidは常に進化しており、数年で新しい機能が追加されます。

新品の単価は高くなりますが、その分だけの利用価値があると多くの人は感じています。

ちょっとした軽い修理であれば、早めにやっておくべきでしょうが、重症であれば細かく計算しておきましょう。

販売店に持っていけば、その説明を受けることになるかもしれません。

ただ、iPhoneの修理は一般の販売店では対応できませんから、正確な費用も提示できません。

調子が悪くなってきたと感じるなら、機種変更を検討してください。

い人はすぐに新しい機種を購入したくなるようですが、中高年はいつまでも同じ機種を使い続けています。