iPhoneの修理のメリット

投稿者: | 2019年2月20日


毎日iPhoneを使っていると、ちょっとした弾みで落としてしまうことが少なくありません。

状況によっては修理を依頼しなければならないでしょう

ただ、表面に傷やひびが入ったくらいでは多くの人は修理をしようとしません。

そうするのに支障がないですし、修理の費用がもったいないと思うからでしょう

しかし、ひびが入ったままで使い続けると、さらに状況は悪くなっていきます。

そして、とうとう使えなくなってから修理を依頼するのです。

小さな傷であれば短時間で修理できたはずですが、動かなくなってしまうとその原因究明から始めなければなりません。

余計に修理費用がかかるのです。

修理を早めにすることのメリットをもう一度考え直してみましょう。

iPhoneを購入時にサポートプログラムであるAppleCareに加入しておけば、毎月の支払いが発生しますが、修理費用は割安になります。

合計してみればAppleCareの方が安くなるはずです。

もちろん、故障した時の状況が事前にわかるわけではありませんが、どのような修理が多いのかはインターネットで検索してみるとすぐにわかります。

表面のガラス、液晶、ボタン、バッテリーなどの部位がほとんどです

最近のiPhoneは水没事故でも影響を受けにくくなっていますが、以前に落下させているとパネルが歪んで隙間ができていることが多いのです。

内部まで水が侵入して、高額な修理費用となってしまうことが予想されます。

このように考えれば早めの修理の大きなメリットは間違いありません。

iPhoneのガラス交換


iPhoneの修理で一番多いのは表面のガラスの交換でしょう。

手に持っていて、地面に落としてしまいガラスが割れてしまうのです。

もちろん、最近のiPhoneは頑丈にできていますから、ガラスが割れてもある程度までは使用可能です。

そのため、修理をせずにその状態のままで使い続ける人が少なくありません。

だんだんと使えなくなってきて、どうしようもなくなってからやっと修理の依頼をするのです

ガラスが割れていますから、表面のフィルムも交換しなければなりませんし、ひどい場合は液晶パネルを交換することになります。

修理費用はどんどん高くなっていくのです。

一般の修理業者に依頼してもガラスの交換で済むなら、5,000円もかかりませんが、液晶パネルまでとなると2万円も近くになるでしょう。

iPhoneだけではありませんが、症状が軽いうちに修理をすることをおすすめします。

もちろん、落として壊れないように取り扱うことが一番ですが、どうしても避けられない場合もあるでしょう。

壊れてから修理費用を確認するのではなく、事前に確認しておけば、落とした時の修理費用がわかりますから、大事に取り扱うようになるのではないでしょうか。

特に高校生などの子どもにiPhoneを持たせているなら、そのことをしっかりと説明してください。

そして修理が必要になったら自分で払うように言っておきましょう。

きっと落とさないように注意してくれるはずです。

ガラス交換と液晶交換の場合で修理費用の差を教えておくべきです。