iPhoneの修理相場

投稿者: | 2019年2月17日


iPhoneが壊れた時の修理代金はどれくらいでしょうか。

一般の業者によって変わりますが、目安としてはアップルストアを参考にするといいでしょう。

アップルストアの場合、部品交換は純正品ですから、割高になるケースが少なくありません。

しかし、作業内容が明確にわかっていますから、修理代金が変わることはないでしょう。

修理業者の品質も高くなっており、修理後に問題が発生することはないと考えていいでしょう。

アップルストアの修理相場の例を見てみましょう

アップルストアの場合は一種の保険制度であるAppleCareに入っているかどうかで大きく異なります。

画面損傷では3,400円と16,800円となり5倍近い価格差となります

画面損傷以外の修理は具体的な症状によって大きく異なります。

例えば、電源が入らない場合、バッテリー交換で済むのか、内部に異常があるのかを判断しなければなりません。

電源は入っても操作ができない場合はさらに詳しく調べなければなりません。

もちろん、iPhoneの機種によっても価格は異なりますから、自分が所有している機種の修理費用を確認しておくことが大切です。

一般の修理業者に依頼する場合も多いですが相場を知っておけばすぐに修理してもらうかどうかを判断できるでしょう

一般の業者のサイトをチェックしてみると、バッテリー交換、液晶交換、保護ガラス交換などの費用が掲載されていますが、そこまで原因を絞り込むために時間がかかるケースもあります。

その場合は調査料金がかかる業者もありますから、事前に確認しておかなければなりません。

iPhoneの修理と保証


iPhoneはアップルが製造販売しているスマートフォンですが、その修理はアップルだけに限定されているわけではありません。

ただ、一般の業者に修理を依頼しても確実に修理できるかは信用するしかありません。

業者の方が安いと思う人が少なくありませんから、近所の業者に持ち込んでしまうのです。

ただ、iPhoneに限らず一般のスマートフォンでもメーカーによっては保証制度を充実させています。

また、携帯会社も独自にサポートプログラムを提供するケースがあります。

毎月の支払いにオプションとして追加することによって、修理が必要になった時に格安で修理を受けることができるプログラムです。

また、修理までの間は代替機を借りることもできますから、当面の生活には支障がありません。

内部のデータについては残念ながら保証されることはありません。

消えていなければ運が良かったと思わなければなりません。

パソコンなどと同じ考えで、定期的なバックアップが唯一の対策と言えるでしょう

iPhoneだけではなく、スマートフォンを毎日使っている人がほとんどという時代になりました。

予想しないタイミングで故障してしまうリスクが高いことを考えれば、保証制度を利用すべきなのかもしれません。

ただ、内部に重要なデータを入れないようにすることも重要です。

万一、紛失したとしても問題がないような使い方をしなければなりません。

また、修理をする場合も症状が軽い時に早めに依頼しておけば、短時間で修理が終わることでしょう