iPhoneのバッテリー交換

投稿者: | 2019年2月5日


頑丈な作りのiPhoneの修理で一番多いケースはバッテリー交換でしょう。

厳密な意味での修理ではありませんが、ユーザーが自分ではできないiPhoneですから修理対応となるのです。

バッテリーがどれくらい持つかは使い方によって大きく異なりますが、一般的には2年と言われています。

そのまま使い続けるとすぐにバッテリー切れになりますし、少しずつ膨らんできます

iPhoneとして使用できなくなるのです。

ただ、新機種への乗り換えの際にオプションとしてバッテリー交換が1回までは無料となる制度もありますから、ほとんどの人が活用していることでしょう。

しかし、インターネットでiPhoneの修理業者のサイトを見ると、ガラスの割れとバッテリー交換が修理の大半を占めていることがわかります

適切なタイミングでバッテリー交換をしていないのでしょう。

実際にiPhoneを使用している人の多くは端末のハードウェアのことをほとんど知りません。

動いている画面を見るだけなのです。

もちろん、iPhoneのコンセプトが誰にでも簡単に使えることを基本としているため、当然のことと言えるでしょう。

つまり、バッテリー交換の意味さえ理解する必要はなく、iPhoneを使ってどのような情報をやり取りするかが重要なのです。

この視点に立てば、修理業者が日本中のユーザーに対応しようとすることは当然でしょう。

眼かのことがわからないのですから、修理業者にすべてを任せるのです。

そのための費用はかかりますが、必要経費と割り切っていることでしょう。

iPhoneの液晶交換


iPhoneを硬い地面に落としてしまうと表面にひびが入ります。

保護用のガラスだけで済めばいいのですが、その下の液晶画面まで損傷を受けることも少なくありません。

もちろん、iPhoneの修理依頼をすれば液晶全体を交換することができます。

ただ、注意しなければならないのはタッチパネルの部分も損傷しており、壊れた時の状態を保存できないことです。

結論としてはあきらめるしかありません

iPhoneの構造はシンプルですから、組み立てることもバラバラにすることも比較的簡単です。

もちろん、専用の工具が必要となりますが、インターネットで宣伝をしている業者は多くの工具を取り揃えていて、使い方も十分理解しています。

つまり、工具さえあれば誰にでも液晶交換が可能と言うことです。

もちろん、一般の人が修理をすることは何のメリットもないため、修理業者に依頼するのです。

iPhoneを購入した時に表面の保護カバーを同時に購入して貼り付けてもらう人が少なくありませんが、それだけでは十分な保護ができないのでしょう。

液晶画面が破損するのは高いところから落としたり踏みつけたりするパターンです。

落とすと言うことはそのような状況を作っているのであり、踏みつけることも同じです。

つまり、使用する時、収納する時に注意しておけばかなりの確率で予防することが可能です。

ただ、現実としては多くの修理業者がいることを考えると、破損させる人が多いと考えていいでしょう。

現代のiPhoneは大切に扱うのではなく、投げたり落としたりするボールのような道具となっています