iPhoneの修理と交換

投稿者: | 2019年1月29日


日常品となっているiPhoneが壊れた時の選択肢は修理と交換です。

もちろん、新しいハードウェアと交換するためには、それなりの費用が発生しますが、修理の程度によって、その方が安くなるケースもあるでしょう

いずれにしても修理業者に持ち込んで判断してもらうことになります。

iPhoneの修理を依頼する人が多いと言われていますが、そのほとんどは同じパターンです。

表面のガラスが割れてしまったか、ホームボタンが利かなくなった、水没させてしまったケースです。

いつも大事に使っていれば、そのような事態は避けることができますが、現代のiPhoneだけではなくスマホ全体で扱い方が非常に雑です。

確かに丈夫に作られており、1m程度の高さから落としても何ともありません。

しかし、打ち所が悪かったり何度も落としたりしてしまうと修理が必要になるでしょう。

修理と交換のどちらを選択するかは使っている年数にもよりますが、ある程度は消耗品と考えるべきでしょう。

つまり、3年に1度程度の交換を前提として使用するのです。

バッテリーが使えなくなったら新しい機種に乗り換えている人もいますが、それはお金に余裕がある人だけでしょう。

若者の多くはiPhoneの毎月の支払いがギリギリなのです。

あなたのiPhoneはどのような状態でしょうか。

まだしっかりとしているなら、その状態が続くように大切に取り扱ってみてはどうでしょうか。

それが難しいことだと思うのであれば、使い方を間違っていると考えましょう。

ショックを与えないようなケースに入れておくのも一つの案です

iPhoneの修理期間


iPhoneに限らず、多くのスマートフォンは雑に取り扱われています

そのために予想もしない故障となるケースが少なくありません

ほとんどの故障は落下によるものと言われていますが、iPhoneのホームボタンが利かなくなる症状も多い方です。

いずれにしても自分で修理できるわけではありませんから、アップルストアか修理専門業者に持ち込まなければなりません。

簡単な修理であれば1時間程度待つだけで作業が終わります。

ただ、重症の場合や原因がわからないケースでは1週間程度の期間を覚悟しなければならないでしょう。

若者だけではなく、歩きながらiPhoneを操作している人は少なくありません。

片手で持つことが当然ですから、人にぶつかって落としてしまうパターンがほとんどでしょう。

メーカーの責任ではないとしても、落としても壊れないスマートフォンがユーザーには歓迎されます。

そのための強度を確保するには材質を変更が必要となり製品の単価が高くなってしまいます

多くのユーザーは毎月の分割払いを利用しており、通話料と一緒に請求されるため、iPhoneの単体価格に鈍感になっているのでしょう。

いずれにしてもiPhoneの内部にはたくさんの情報があり、それがないと日常生活に支障が出ると考える人が少なくありませんから、代替機を借りるとしてもデータの移行を行わなければなりません。

修理期間が長くなれば、それだけ不便な生活になってしまうでしょう。

日頃からデータをバックアップし、保護カバーを取り付けるなどの予防が大切です。