外国旅行先での無線LAN(1)

投稿者: | 2019年1月9日

近頃は、外国旅行に出かけるニホン人も目立ち、そして、自分のパーソナルコンピュータを持参で外出するかたもふえてまいりました。
旅先も、いつものようにブログ更新したり、身内や友人にメイルを送信したり、チャットしたり、Skypeで電話代を気にせずにお話したいと言うからなのでしょう。
それに、旅先での情報を得る為にもすでにインターネット回線は七つ道具と言うものですからね。
これも、旅先のサイバーカフェを使ってこのようなこというのは出来たのですが、断然、たえず使い慣れている自分自身のパーソナルコンピュータに適うものはございません。
自分のパーソナルコンピュータには、自分勝手のソフトもいっぱいインストールされていますし、キーボードの打ちやすさも、他のものよりずっと爽やかです。
そういう旅人達の願いを叶えるように、近頃、ワールド的にも無線LANが普及してきています。
勿論、それなりに良いホテルであるのなら、これも有線や無線LANにより難なくインターネット回線に繋げることができましたが、みんながみんな、そのようなホテルに宿泊するわけではございません。
但し、ツーリストがインターネット回線に繋げる環境条件のホテルを望むことによって、だんだんとわずかホテルやゲストハウス等でも、無線LANが払えるようになってまいりました。
それにつれて、外国旅行は一気に面白いものになってきたのではないでしょうか。
昼間は力一杯観光して、夜は宿でのほほんインターネット回線。
以来は旅の保ちもののなかに、パーソナルコンピュータも入れる必要が出てくるかもしれませんね。

外国旅行先での無線LAN(2)

前回は、外国旅行先も無線LANを利用して、自分のパーソナルコンピュータでインターネット回線が出来ると言うお話でしたが、如何でしょうかでしたか。
あなたも、次回の外国旅行にパーソナルコンピュータ持参で出かけようとおもいましたか。
ところで、外国で無線LANが使えるのは楽で良いことだけれども、どんなふうにして使えば良いのかがわからない・・・ニホンと同じように払えるものなのか何とか・・・その辺が心配になってしまうよね。
本日は、そのあたりのお話をしてみたいとおもいます。
ベストワン1良いノウハウは、ニホン国内において無線LANを通じているプロバイダと契約し、その会社が外国でのローミングサービスで提携している外国のプロバイダのアクセスポイントを使うと言うノウハウだとおもいます。
このケースではには、ニホン国内での契約が必要ですが、ニホン語ですから、そこそこ面倒なだけで契約はどなたでも出来るでしょう。
もし、旅行先が一カ所の国に限定されているのでしたら、滞在する国のプロバイダと直接契約すると言うノウハウも有ります。
旅行期間だけですから、料金もお安くすむでしょう。
ですが、勿論英語なり現場語が出来るかたじゃないと難しいかもしれませんね。
ニホンもそうなのですが、外国におきましても、まだ完全に無料の無線LANスポットはおもいのほかわずかです。
レストラン等では、呑みものや食べものをオーダーするかわりに、無線LANはただで利用しても良いですよ・・・と言うところがたくさんですね。
あくまでも、今の時点でのお話ですから、以来は完全に無料のところもふえてゆくかもしれません。

外国旅行先での無線LAN(3)

そのままこの度も、外国旅行先での無線LANに対してお話させていただきます。
ニホン国内で無線LANを通じていますと、時として電磁波が不安定になる等して、ムービーが観がたくなったり、チャットが途切れたりして不便に感覚ることもたまに有りますが、外国旅行で立ち寄る国によっては、ひときわ手強いときのところがいっぱい有ります。
そんなに、ニホンと同じような実態を想像取り止めるほうが良いですね。
やはり、欧米などの強国と呼ばれるような国々であるのなら、意外と心配はいりません。
ですが、発展途上国や後進国と呼ばれているスポットの無線LANは、心がけなくてはなりません。
頻繁に電磁波が途切れる実態であったり、通信のスピードが恐ろしく鈍い実態と言うのでも、まだ良い方で、停電ばっかりしていたりする国では、一向に用いものにならないでしょう。
でも、まだ無線LANが利用出来るだけマシとも言えるかもしれません。
ちょい、誠に利用出来ない国はたくさんです。
使えるとすれば、高級ホテルのみ・・・と言う国がたくさんとおもいます。
そのあたりをかんがえて、自分のパーソナルコンピュータを持参するべきかどうか、よくかんがえたほうが良いとおもいます。
近頃は、発展途上国や後進国のローコストなホテルも、インターネット回線が出来るコーナーと言うのを定めるところがふえています。
情報呼び寄せやニホンへの連絡からには、そういう共有のパーソナルコンピュータで十分ではないでしょうか。
又、発展途上国や後進国であっても、ネカフェなら、街中にあるところがたくさんですから、あというのは、自分のパーソナルコンピュータじゃないと駄目なのか、そういう共有のパーソナルコンピュータも良いのか・・・と言う選択になるでしょう。