無線LAN採用のデジタルカメラ

投稿者: | 2019年1月9日

近頃では、デジタルカメラにも無線LANが採用されるようになりました。
以前にも、当ブログ内で、そのお話に何気なくふれたことが有りますが、この度は再び細かくご解説いたしましょう。
と、言いますのも、以来、無線LAN採用のデジタルカメラの需要が、たかまるのではないかと言われているからです。
近頃、カメラといえば、携帯電話に付属しているカメラも含め、大概のかたがデジタルカメラを利用しています。
デジタルカメラを利用していれば、アッと言う間にパーソナルコンピュータなどの電子機材に写真を盛り込むことも出来ますし、直接プリンターに取り込んでプリントすることも出来るです。
又、友人や知人にアッと言う間に見せて挙げることや、送って吊り上げることも出来ますから、ほんとに楽なのです。
あんなデジタルカメラに無線LANが採用罹ることで、どんどん楽になるのは、容易に想像がつきますでしょう。
シャッターチャンスで望み通りの写真を撮ったのち、そばに無線LANスポットさえあれば、アッと言う間にオンラインアルバム等に送信することが出来るのですね。
オンラインアルバムと言うのは、オンライン上に自分自身のアルバムを持つようなものだから、そのアルバムのURLをおしえて上げることで、どなたでもアクセスし、写真を確かめることが出来るとなります。
ですから、友人知人の一人一人に写真をおくる必要もなく、すさまじく楽なのです。
デジタルカメラの無線LANシステムとして、そこへ写真を送れば、全くリアルタイムで見ることも出来るのです。
外国からの写真も同じです。
需要が重なるのも分かる気がしますね。

無線LAN採用のデジタルフォトフレーム

前回、無線LANを採用したデジタルカメラに対してのお話をいたしましたので、この度はそこからしばし発展させまして、無線LAN採用のデジタルフォトフレームのお話をさせていただきたいとおもいます。
デジタルフォトフレームと言うデジタル機材が市場に登場してから、依然としてそれほどの長い月日は経っていませんが、そのデジタルフォトフレームにも、無線LANが採用されているのです。
元々のデジタルフォトフレームの楽しみかたと言うのは、デジタルカメラで写した写真をSDカード等に保全し、そのSDカードを今度はデジタルフォトフレームに入れて、写した写真を楽しむと言うものです。
紙にプリントした写真のように、ページをめくらなくても、スライドショーのように楽しむことも出来ます。
そのデジタルフォトフレームに無線LANが採用されたことによって、どんなふうに楽になるのかと言いますと、すごく、SDカードがなくてもパーソナルコンピュータ等から写真を与えることが出来ますから、それを家の何処にいても探ることが出来るようになります。
一階にパーソナルコンピュータがあっても、二階の自室で各様な写真を見ることが出来るのです。
又、オンライン上のアルバムに、デジタルフォトフレームから直接アクセスして楽しむことも出来ます。
二度と、オンライン上のアルバムと、特定のデジタルフォトフレームを連動させて、おんなじ写真を表示出来るようなこの頃の技術が進歩してきて、カード型からUSB型になったり相互に変換外出するサービスも有ります。
ソフトバンクのデジタルフォトフレーム等は、携帯で撮った写真をおくるとデジタルフォトフレーム内の写真が、更新繋がるシステムになっているやうですね。
このような使いかたが出来るので、遠くにいる身内や友人たちに、いつでも最新の写真を見せて差し上げることが出来ます。
一人暮らしのかた等は、たいへん寂しさを紛らわすことが出来るようになるとおもいます。

無線LAN内蔵のSDカード

前よりの記事もお分かりいただけましたように、近頃では、各様なデジタル機材に無線LANが採用されるようになりました。
こうして、時流として、それが当たり前のようにおもうようにもなってまいりました。
ただし、そんなデジタル機材・・・いわゆるハードのほうに無線LANが採用陥るのは大して驚く事ではないのですが、近頃では、ハードではなくソフトの方にも無線LANが採用陥るようになってきたのです。
その出だしとも当てはまるものが、SDカードでしょう。
「Eye-Fi Share カード」と言う、無線LAN内蔵SDカードが有ります。
SDカードに無線LANが採用陥ると言うのは、いったいいかなることなのでしょうか。
これは、例えば無線LANが採用されていないデジタルカメラ等でも、無線LAN採用カメラと同じ事が出来るようになってしまう。
これなら、わざわざ無線LAN採用のデジタルカメラをオーダーする必要もないですから、経済的にも上機嫌ことですよね。
このEye-Fiの記憶容量は、2GBも有ります。
2GBと言いますと、極めて通例のデジタル画像でしたら何千枚も保全出来ますから、一般的なSDカードとしても活用することが出来ます。
それでいながら、必要な時折インターネット回線に繋ぐことも出来るのですから、ほんとに優れものだとおもいますね。
当初は、USAで売り出しされたこのEye-Fiですが、メモリーカードとUSB接続のカードリーダーが、セットで市販されています。
初心者が苦手とする、難しい設定等をしなくて済むように、このカードリーダーがついてくるわけです。
是非、使ってみたいグッズです。